Updated at: 2016-06-13

PHP 備忘録(PHP7 対応)

他の言語から来た人向け要約

【対象読者】普通に C++ / C# / Java / Perl / Python / Ruby / JavaScript とかの類は 仕事で使ったりしてきたけどそう言えば PHP ってちゃんと書いたことないな、くらいの温度感の人

どんな言語

初心者にやさしく、求人が多いイメージの言語。
他の言語の感覚で書くとたまに罠っぽい挙動をするので注意★

  • PHP: PHPの歴史 - Manual
  • PHP 5 が出たのが 2004 年 7 月
  • 比較的大きな変更があった PHP 5.3 が 2009 年
  • PHP 6 はスキップされたので PHP 5 の次は PHP 7 になってる
  • PHP 7 は 2015 年 12 月リリース
  • PHP 7 は PHP 5 より 2 倍近く速い らしい
    • 内部的なデータ構造を大幅に変えたそうな

はじめに押さえておきたいところ

  • 行末セミコロンは必須
  • 変数の宣言は不要
  • 変数は $hoge みたいに $ をつける
    • $ つけるので予約語と同じ名前でも大丈夫。やらんけど
  • 未定義値は null とみなされる
  • ++, -- はある
    • 前置と後置の概念もある
  • 厳密な比較は JavaScript みたいに === を使う
    • == は型に寛容な比較。PHP は数値文字列とかをよしなに変換しちゃうので注意
  • 組み込みのキーワードや、関数名・クラス名は大文字・小文字を区別しない
    • 変数名は大文字・小文字を区別する

// コメントは
/* C の形式に加えて */
# シャープでも書ける

// null になるシリーズ
$var1;
$var2 = null;
unset($var3);

// 定数定義(PHP 5.3 以降)
const PI = 3.14;

false とみなすやつ

  • 空文字列 "", 文字列の "0"
  • 整数リテラルの 0
  • 浮動小数リテラルの 0.0
  • 要素数 0 の配列
  • null

コーディングスタイル

  • 変数名や関数名はキャメルケース(camelCase)が多そう
    • スネークケース(snake_case)はあまり使われないっぽい

PHP 慣れてない人がハマりそうなポイント

  • == 使ったときの数値と文字列の比較がわりとキモい
  • (基本的に === を使った方がいいだろう)

    // '0x10' は 0 とみなされる
    var_dump('0x10' == 16);     // -> bool (false)
    
    // '010' は 10 とみなされる
    var_dump('010' == 10);      // -> bool (true)
    
    // 文字列の場合、先頭の数値だけが認識される。
    // 数値が無い場合 0 になるのでこれが true になる!
    var_dump('hoge' == 0);      // -> bool (true)
    
    var_dump('13xyz' == 13);    // -> bool (true)
    var_dump('13xyz' == '13');  // -> bool (false)
    


  • 三項演算子 ?: が左結合 なのはビビる(多くの言語では右結合)
  • PHP では三項演算子を重ねる書き方はしないのが得策
  • (括弧をつければどうにかできるが読みにくくなる)

    // 例えば以下のような三項演算子を重ねる書き方があるが
    $score = 70;
    $rank =
        ($score >= 80) ? 'A' :
        ($score >= 60) ? 'B' :
        ($score >= 40) ? 'C' : 'D';
    print($rank);
    // 多くの言語では 'B' になるが、PHP だと 'C' になる
    
    //----------
    // こういう式に対して
    $a = $expr1 ? 'val_1' : $expr2 ? 'val_2' : 'val_3';
    
    // 右結合だとこう解釈されるが
    $a = $expr1 ? 'val_1' : ($expr2 ? 'val_2' : 'val_3');
    
    // 左結合だとこう
    $a = ($expr1 ? 'val_1' : $expr2) ? 'val_2' : 'val_3';
    

  • switch は === ではなく == で比較される
  • switch 内での continue は break と同様の挙動
    • continue 書いても switch を抜けるだけで外側の for を continue とかしないので注意

文字列

  • シングルクォートかダブルクォート
  • シングルクォートは \'\\ だけエスケープする
  • ダブルクォートは一通りエスケープする
  • ダブルクォートは変数展開する

    // 他の言語と同様、変数展開時の変数を明確にするために { } が使える。
    // $ は括弧の中にあっても外にあってもいい
    "This is $var !"
    "This is {$var} !"
    "This is ${var} !"
    

  • ヒアドキュメント

    <<<EOD
    ...
    EOD;
    
    // ヒアドキュメント内は変数展開される。したくない場合は
    <<<'EOD'
    ...
    EOD;
    

  • 文字列の連結は + ではなく .
    • + だと文字列を数値に変換して加算するので気をつけろ

可変変数と可変関数

  • 変数に入れた文字列を変数名として指定したり、関数名として指定したりできる

    $a = 'b';
    $b = 'c';
    $c = 'd';
    
    // 可変変数
    $$a;    // c  ($b と同義)
    ${$a};  // c  (同上)
    
    $$$a;   // d  ($$b すなわち $c と同義)
    
    // 可変関数
    $command = 'printf';
    $command('hoge');  // printf('hoge') と同義
    

参照(リファレンス)

  • & を使う
  • エイリアスが作られると考えればよい

    $x = 1;
    $x_ref = &$x;
    $x = 2;
    print $x_ref;  // -> 2
    
    $x_ref = 3;
    print $x;  // -> 3
    

  • オブジェクトは勝手に参照渡しになる
    • オブジェクトに & をつけると PHP5 では警告、PHP7 ではエラー

配列と連想配列

  • PHP 5 までは、内部的にはどちらも連想配列として扱われていた
    • キーが省略されたら 0 から始まる index が自動的に振られる感じ
    • $array[1] でも連想配列アクセスされるので他言語に比べると遅かった
    • PHP 7 では高速化のため、配列でよいやつは内部的に配列が作られる
    • (キーが 0 から連続する数字なら配列になる)
  • キーには任意のデータ型を指定できるけど、キーに整数 / 文字列以外のものが指定された場合は、 内部的に整数 / 文字列に変換される
  • 配列やオブジェクトはキーにはできない

    // 昔はこう書いてた
    $oldStyleList = array(1, 2, 3);
    
    // PHP 5.4 以降はこう書ける
    $list = [1, 'a', 2];
    $map  = [
        'hoge' => 123,
        'fuga' => 456,
        789    => 'piyo',
    ];
    

配列の走査

$arr = ['a', 'b', 'c'];
foreach ($arr as $value) {
    print("${value}, ");
}
// => a, b, c,

// キーが欲しい場合
foreach ($arr as $key => $value) {
    print("${key}-${value}, ");
}
// => 0-a, 1-b, 2-c,

//----------
// 走査中に直接値を変更したいときは & をつけると
// $value にリファレンスが代入される
foreach ($arr as &$value) {
    $value *= 2;
}
print_r($arr);  // => [2, 4, 6]

要素の出し入れ

$list = [1, 2, 3];
array_push($list, 4);          // [1, 2, 3, 4]
array_unshift($list, 0);       // [0, 1, 2, 3, 4]
$popped  = array_pop($list);   // [0, 1, 2, 3]
$shifted = array_shift($list); // [1, 2, 3]

key の存在チェック

存在しない key にアクセスしただけで Notice エラーが出る。 他の言語のノリで null チェックみたいなのを書くと怒られるので注意:

// こういう書き方をすると key が無いときに Notice: Undefined index と言われる
if ($hash['key']) { ... }

// isset() などでチェックしてあげないとダメ
if (isset($hash['key'])) { ... }

関数

function foo($arg) { ... }

// 参照渡し
function foo(&$ref) {
    $ref *= 2;
}
  • 関数定義は呼び出しの後ろに書いてあっても大丈夫
  • 関数内にも関数は書ける
  • 関数内に書いた関数も、その関数が呼び出された後なら外から参照できる
    • そんなことしないだろうけど
  • 引数のデフォルト値はある
  • 引数の参照渡しもある
    • 引数の定義に & をつける
  • 可変長引数は PHP 5.6 から
    • それ以前は func_get_args() 関数を使ってた
  • ... 演算子でアンパックできる
    • 引数 2 つある関数を someFunc(...[1, 2]); みたいに呼んだりとか
  • 複数の戻り値を返したかったら単に配列で返す
    • それを個別の変数に代入したかったら、配列を変数に割り振る list 関数を使え
  • ジェネレータがある
  • いわゆる関数のオーバーロードは無い

クロージャ

  • PHP: 無名関数 - Manual
  • クロージャは use で明示的にキャプチャする必要がある

    $message = 'hello';
    $func = function() use($message) {
        print($message);
    };
    
    // 参照渡ししなかった場合、キャプチャした値は関数定義時のもので
    // 関数呼び出し時のものではない
    $message = 'world';
    $func();  // => hello
    
    //----------
    // キャプチャした変数の変更を追跡したり
    // クロージャ内で値を書き換えたい場合は & をつけて参照渡しする
    $func2 = function() use(&$message) {
        print($message);
        $message = 'goodbye';
    };
    
    $message = 'piyo';
    $func2();         // => piyo
    print($message);  // => goodbye
    

クラス

class SampleClass extends SomeSuperClass {

    // アクセス修飾子がある
    public    $var1 = 'public';
    protected $var2 = 'protected';
    private   $var3 = 'private';

    // コンストラクタとデストラクタ(PHP 5 以降)
    function __construct() {}
    function __destruct() {}

};
  • PHP: クラスとオブジェクト - Manual
  • コンストラクタとデストラクタがある
  • メソッドのオーバライドはできる
    • parent::親メソッド() でスーパクラスのメソッドが呼べる
    • final でオーバライド禁止もできる
  • interface がある
  • abstract もある
  • instanceof 演算子がある
  • コード再利用のためのトレイトがある(PHP 5.4.0 以降)
  • オブジェクトを foreach にかけられる
  • __toString() などのマジックメソッドが用意されている
  • namespace がある
  • オートローダ

小ネタ

豆知識

  • 三項演算子の省略構文がある
    • $foo = $bar ?: 'default-value';
  • エラー制御演算子
    • @ を式の先頭につけるとその命令で発生するエラーメッセージを抑制する
    • エラーを抑制すべきではないので使いどころは少ない
  • 制御命令に別構文がある
  • require_once などで読み込んだものはスコープを継承する

マジカルインクリメント

$i = 'Z';
print ++$i;  // -> AA
print ++$i;  // -> AB

$j = 'T8';
print ++$j;  // -> T9
print ++$j;  // -> U0
  • なお、マジカルデクリメントはない

PHP 7.0 で変わったこと

  • PHP: 下位互換性のない変更点 - Manual
  • 引数・戻り値の型宣言ができる
    • PHP5 ではタイプヒンティングと呼ばれていた
    • でも double や boolean のような スカラー型のエイリアスは利用できない
      • (double という名前のクラス / インターフェースであるとみなされる)
    • 引数のデフォルト値に NULL をとっておかないと NULL が渡るのを許容してくれなかったりするので注意
  • null 合体演算子 : $foo = $bar ?? 'default-value';
  • foreach ブロック内での要素追加の挙動が違う
  • 無名クラスをサポート

PHP の複数バージョン管理

使い方

# インストール可能な PHP のバージョンを一覧
$ phpenv install --list

# 特定のバージョンをインストール
$ phpenv install 5.6.22

# インストール済みのバージョンを一覧
$ phpenv versions

# バージョン切り替え
$ phpenv global 5.6.22  # 全環境に反映
$ phpenv local  5.6.22  # カレントディレクトリのみ
                        # (.php-version が作成される)

【2016 年頃の Mac でありそうなトラブルシュート】


# 最終的に Mac (OSX 10.11.1) で PHP 5.6.22 を入れるのには以下が必要だった
$ brew install re2c
$ brew install autoconf
$ brew link openssl --force

$ PHP_BUILD_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl=$(brew --prefix openssl) \
      --with-libxml-dir=$(brew --prefix libxml2)" \
      PHP_BUILD_EXTRA_MAKE_ARGUMENTS=-j4 \
      phpenv install 5.6.22